還暦祝いのプレゼントに一眼レフを贈ろう

還暦を迎える方がカメラをお好きなのであれば、一眼レフカメラは最高のプレゼントとして喜ばれるかもしれません。カメラには様々な種類があり、価格も一万円以下で購入できるリーズナブルなものから、数十万円もする高価なものまで揃っています。カメラを趣味とする方なら、低価格帯の製品であればいくつか揃えているでしょう。逆に高価な製品となるとなかなか手を出せないため、欲しくても持っていない可能性があります。そんな方にこそ、一眼レフカメラは最適です。

一眼レフカメラとは、細かな設定によってイメージ通りの写真撮影を可能とする製品のことを言います。低価格帯のカメラはシャッターを押すだけで簡単に撮影できますが、設定できる項目が少ないため使えるシーンも限られます。一方一眼レフカメラであれば豊富な設定項目が用意されており、それらをいじることで様々なシーンをきれいに撮影することができます。本体の性能も優れており、感度の良いイメージセンサーを搭載していることからノイズの少ない美しい一枚を撮ることができます。交換可能なレンズを付ければ、遠くの被写体にもしっかりとピントを合わせて捉えられます。写真撮影をより楽しませてくれるカメラと言えます。

以前は高価な商品でしたが、今は本格的な機能を備えながらも手の届きやすい価格になってきています。仕事を引退した方の中にも一眼レフカメラでデビューする人が多く、情報交換がしやすい環境も整っています。自由な時間を被写体と向き合いながら有意義に過ごすためにも、最適のアイテムです。

七五三の費用の相場

七五三はお子様が3歳、5歳、7歳になるタイミングで行い、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に行うのが一般的です。
七五三にかかる費用は、神社での祈祷に費用でおおよそ5000円程度となりますが、お子様に着物やドレスなどを着飾らせる場合にはその購入費用やレンタル費用が必要となります。
さらにはその思い出となる写真の撮影や、お祝いの席を設けた場合の飲食費といった費用も必要となります。
最近では、衣装のレンタルと写真撮影がセットになるプランもあり、写真一枚あたり5000~10000円程度の費用が必要となります。
写真撮影は3~5枚程度がセットとなることが多く、衣装代を含めて3万円程度を見ておけば、撮影込で1日衣装のレンタルが可能となるため、購入するよりもお得となります。
また、親戚や友人の子が着た衣装などを借りることが出来る場合は写真撮影代だけでよいため、セットプランを利用せずに写真単体の費用でよいでしょう。

エキゾチックな街ニューオーリンズとは?

ニューオーリンズ(New Orleans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部に位置する同州最大の都市です。メキシコ湾に通じる重要な港湾都市で、工業都市・観光都市としても発展しました。フランス語名『La Nouvelle-Orléans』は「新オルレアン」という意味で、ルイ15世の摂政オルレアン公フィリップ2世に因んでします。かつてはフランス領ルイジアナの首府であり、市内のフレンチ・クオーターと呼ばれる地区には、今なおフランス植民地帝国時代の雰囲気を残しています。ニューオーリンズの気候はケッペンによる厳格な気候区分では温暖湿潤気候に区分されています。しかし実際には温帯~熱帯の遷移部にあることから、冬はおだやかで、夏は湿度が高く暑い亜熱帯気候です。1月の早朝最低平均気温は華氏43度(摂氏6.1度)前後、日中最高気温は華氏62度(摂氏16.7度)前後です。7月の最低平均気温は華氏74度(摂氏23.3度)、最高平均気温は華氏91度(摂氏32.8度)となります。そして、6月から11月にかけてはハリケーンの季節となるのです。 .

ニューオーリンズはハリーケーン・カトリーナによって甚大な被害を受けました。2005年8月25日にフロリダ州の南部先端に上陸、通過したハリーケーン・カトリーナは北方に進路を変更し、勢力をカテゴリー5に拡大しました。そして、8月29日にこの都市の近くのメキシコ湾沿岸に再上陸したのです。ニューオーリンズ市は、陸上面積の8割が水没しました。観光地として有名なフレンチ・クオーターやガーデン地区 (Garden District)などは水害を免れたものの、アフリカ系アメリカ人が多く住むロウワー・ナインス・ワード、ポンチャートレイン湖に面した高級住宅街レイクビュー地区 (Lakeview)を中心に壊滅的な被害を受けたのです。

ニューオーリンズの歴史

ニューオーリンズは、ジャン=バティスト・ル・モワン・ド・ビエンヴィルの指導下、「ラ・ヌーヴェル-オルレアン」としてフランス人によって1718年に設立されました。1722年にはフランス領ルイジアナの首府となります。1763年パリ条約によりルイジアナはスペイン領となりますが、町はフランス系住民が多く宗主国スペインの影響はほとんど見られませんでした。19世紀に入り、1801年ナポレオン皇帝がルイジアナをフランスに返還させますが、財政上の必要から1803年アメリカ合衆国に売却したのです。この時の町の人口は約1万人でありました。この頃、カリブ海のフランス領サン・ドマング(現・ハイチ)で黒人革命が起こり、さらに多くのフランス人やクレオール(フランス人と奴隷の混血の人々)が町に流入しました。1812年に起こった米英戦争では英軍の侵攻を受け、1815年アンドリュー・ジャクソン将軍が英軍を撃破します。これが『ニューオーリンズの戦い』です。1849年に州都がバトンルージュに移りましたが、依然として州の経済的・文化的中心の地位を保っています。

21世紀に入り、地域の大部分が湿地帯であったため、従来は都市の建設はミシシッピ川に面した高台の地域に限られていましたが、1910年代に土木技師のボールドウィン・ウッドが排水ポンプを開発したことが広範囲の開発を可能となりました。1917年には、米国海軍の命令により売春地区として知られたストーリーヴィルが閉鎖されます。1923年、ミシシッピ川とポンチャートレイン湖間の輸送ラインとなる工業水路が開通し、また1965年には、そのメキシコ湾へ抜ける道となる、ミシシッピ川湾口水路が開通、輸送ルートは大きく変わることとなります。1964年には、市の「近代化」の一環として、カナル・ストリートの路面電車が廃止され、バスに置き換えられました。しかしながら、その廃止を惜しむ声に後押しされる形で、この路面電車は2004年に復活しています。1965年9月、ハリケーン・ベッツィーがニューオーリンズを襲い、ロウワー・ナインス・ワードを始め、周辺のアラビ、シャルメットといった街に大きな被害を与えました。1995年5月にも、豪雨による洪水で浸水の被害が出ています。1978年、ニューオーリンズ市議会議員のアーネスト・モリアルがアフリカ系アメリカ人初の市長に選出され、1984年には、ニューオーリンズ国際河川博覧会が開催されましたが、来場者は伸び悩んでしまいます。これには、1982年のノックスビル国際エネルギー博覧会から日が経っていなかったことなどが影響したと言われています。

ニューオーリンズはジャズ発祥の地

ジャズは、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽です。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれました。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、バラード、コール・アンド・レスポンス、インプロヴィゼーション、ポリリズムなどの要素を組み込み奏者の力量と才覚に大きく左右されることが特徴的とされています。その自由な表現形式は白人音楽家にも注目され、技法や理論など急速に発展しました。20世紀半ばには人種の枠を越えた現代音楽の主要ジャンルの一つとして認識され、現代音楽理論を先導する高度な体系をつくりあげます。その結果、ジャンルを越えた音楽芸術の現代的様式の一つとなり、様々な方向性に発展を見せ、現代の音楽の源流を形作った重要な役割を担う存在となっています。

ジャズの起源

ジャズは西洋音楽とアフリカ音楽の組み合わせにより発展した音楽で、スピリチュアル、ブルース、ラグタイムの要素を含み、根底的には西アフリカ、西サヘル、ニューイングランドの宗教的な賛美歌やヨーロッパの軍隊音楽にあるようです。アフリカ音楽を起源とするものについては、アフリカからアメリカ南部に連れてこられたアフリカからの移民とその子孫の民族音楽としてもたらされたとされていて、都市部に移住した黒人ミュージシャンによってジャズとしての進化を遂げたといわれています。ジャズはニューオーリンズが発祥の地とされており、現在でもその語源ははっきりしていません。20世紀に入ると、コルネット奏者のバディ・ボールデンがニューオーリンズで人気を博し、今日では「初代ジャズ王」と呼ばれていますが、バディは1907年に活動停止し、本人による録音は残されていません。1917年、ニューオーリンズ出身の白人バンドであるオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドが、ジャズでは初の商業用レコードとなる『Dixie Jass Band One Step』と『Livery Stable Blues』の2曲入りシングルをビクタートーキングマシンから発表しました。初期のジャズは、マーチングバンドと20世紀初頭に流行したダンス音楽に影響を受けており、ブラス(金管楽器)・リード(木管楽器)・ドラムスによる組み合わせの形態はこれらの影響に基づくものといえるでしょう。当初は独学でジャズを創作していった者も少なくありませんでしたが、ジャズと音楽理論が融合するようになっていったのは、ジャズが黒人社会に広く普及し、古典的なヨーロッパの音楽理論を取得したアフリカ系黒人ミュージシャンがジャズに反映させていく時点からです。アメリカの禁酒法時代に地下化した酒場に集うミュージシャンによって、あるいはレコードやラジオの普及によって、ダンスミュージックなどのポピュラー音楽のスタイルがまだまだ渾然一体となっていた1920年代初頭にはアメリカを代表する音楽スタイルの一つとして、アメリカ国内の大都市に急速に広まっていきました。第一次世界大戦から大恐慌までのアメリカの隆盛期が「ジャズ・エイジ」と呼ばれるのはこのためです。1920年代にはイギリスでもジャズが流行り、後のエドワード8世も少年時代にレコードを収集するなど、幅広い層に受け入れられていきました。

ミシシッピ川

ミシシッピ川は、北アメリカのアメリカ合衆国ミネソタ州を源流とし、メキシコ湾へ注ぐ川です。全長3,779kmで、アメリカ合衆国で一番長い川となっています。かつては長らく世界最長の川と考えられていました。主な支流にはモンタナ州を源流とするミズーリ川やペンシルベニア州を源流とするオハイオ川などがあります。ミズーリ川源流からミシシッピ川河口までの長さは5,971kmで、北アメリカ最大の水系をなしています。ミズーリ川は治水のために多くのダムが建設されてダム湖により多くの蛇行がなくなり、500km以上も川の長さは短くなっています。その分ミシシッピ川全体の長さも短くなりました。河口部にはミシシッピデルタと呼ばれている独特のデルタを持っています。「ミシシッピ」の名は、オジブワ族インディアンの言語で「大きな川」という意味。オハイオ川との合流地点より北を上ミシシッピ、それより南の河口までを下ミシシッピと称しています。かつては川に沿った地域はフランス領であったため、セントポールからニューオーリンズまでフランス人の築いた町が多く存在しています。

フレンチ・クオーター

フレンチ・クオーターは、ニューオーリンズで最も歴史があり有名な地区です。ヴュー・カレ(フランス語で「古き街」) としても知られています。一般的に「The Quarter」と呼ばれます。一般的に、カナル・ストリート(南西)、エスプラネード・アベニュー(北東)、ランパート・ストリート(北西)、ミシシッピ川(南東)の4辺で仕切られた地域指します。カナル・ストリートとエスプラネード・アベニューまでは12ブロック、ミシシッピ川からランパート・ストリートまでは7から9ブロックほどあります。多くの建物は、ニューオーリンズがアメリカ合衆国に属する前のフランス植民地時代やスペイン植民地時代のもの。19世紀後期から20世紀初期の建物もあります。1920年代からフレンチ・クオーターの建築の保護が法定化されました。名前はフレンチ・クオーターですが、現存するのはフランスよりスペイン統治時代の建物が多いようです。1794年の大火事でフランス植民時代の多くの建物はなくなり、当時の統治者のスペイン植民が新しいデザインで、耐火性も高くした新しい建物を建てました。フランス様式の尖った屋根はタイルの平らな物になり、耐火性のために木造の壁は禁止され、色とりどりに塗られた漆喰になりました。後に精巧な鉄細工のバルコニー(屋根なし)、ベランダ(屋根がある)で飾られました。1803年のルイジアナ買収後もフランス植民者の子孫はこの地に住み、20世紀初期までフランス語が聞かれています。アメリカ人はフレンチ・クオーターの上流域に建築を始め、19世紀後半になるとイタリア南部の出身者が住み始ました。20世紀初期にはボヘミアンや芸術家が住み始めたそうです。

ジャクソン・スクウェア

ジャクソン・スクウェアは、建築家Louis H. Piliéがデザインしたフレンチ・クオーター中心部の公園です。名前はアンドリュー・ジャクソンにちなんでいます。ジャクソン・スクウェアの前に位置するセント・ルイス大聖堂は、1727年に建設された北米最古の大聖堂で、ニューオーリンズの名所ひとつに数えられます。また、カテドラルの反対側のディケイター通りを渡ったところには、喫茶店のカフェデュモンドがあり、こちらも人気スポットのひとつとなっています。

バーボン・ストリート

バーが多く立ち並ぶバーボン・ストリートも有名です。”アッパー・バーボン・ストリート”と称されるカナル・ストリートに近い8ブロックに渡る地域には、有名店が集中しています。Lafitte’s Blacksmith Shopは、海賊で英雄的人物、ジャン・ラフィットが営んでいたお店です。

ロイヤル・ストリート

ロイヤル・ストリートはニューオーリンズでも最も古い通りのひとつで、その歴史はフランスの植民地時代にまで遡ります。通りは、カナル・ストリートとの接点から始まっています。ミシシッピ川と並行する形でフレンチ・クオーターを横切り、フォーバーグ・マリニー地域、バイウォーター地域、ロウワー・ナインス・ワードのジャクソン兵舎のそばを通り、セントバーナード郡の境界線まで続いています。バイウォーター地区とロウワー・ナインス・ワードの間は、工業水路によって通りは途切れています。尚、通りの開始点のカナル・ストリートを隔てた向かい側は、セントチャールズ・アベニューになっています。セントチャールズは、ニューオーリンズの中心業務地区を走り、アップタウン方面へ抜けています。ロイヤル・ストリートで最も有名な地域は、フレンチ・クオーターのアッパーと呼ばれるカナル・ストリート寄りの地域で、骨董品店、画廊が多く軒を連ねています。騒がしい歓楽街であるバーボン・ストリートから南側に僅か1ブロックしか離れていないにも関わらず、ロイヤル・ストリートは、整然と落ち着いた雰囲気を醸し出しています。通り沿いの店に並べられた商品の多くは非常に高価で、ロイヤル・ストリートは世界でも有数の高価な商店街として知られています。高級な骨董品店に展示された品々は単に古いというだけでなく、植民地時代の王家が所有していた芸術的な家具など、貴重な品々を含んでいるようです。この通りを訪れる殆どの人々にとって、それらの品々は手の届くものではありませんが、通りをウィンドウ・ショッピングをすることは、観光客の楽しみのひとつとなっています。ロイヤル・ストリートには、予算に応じた多様なレベルのレストランも存在します。高級レストランで有名なのはブレナンズ。また、オムニ・ロイヤル・オーリンズ、ホテル・モンテレオンといった高級ホテルもあります。ジャクソン・スクエアより下流方面では、住宅、地元住民の通う商店が多くなっています。ロイヤル・ストリートはミシシッピ川の堤防に近い高台に位置しているため、2005年のハリケーン・カトリーナによる市の被害にも関わらず、ロウワー・ナインス・ワードを除いて大きな水害から免れました。多くの場合、浸水は車道部分に留まり、歩道および店舗の殆どは浸水はしていません。ハリケーンの後、フレンチ・クオーターの大部分で大きな略奪は起こらず、ロイヤル・ストリートの骨董品店も略奪の被害は殆どありませんでした。

マガジン・ストリート

マガジン・ストリートは、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズの通りの名称です。カナル・ストリートとの接点から始まり、フレンチ・クオーターとは逆方面をミシシッピ川に平行する形で走り、中心業務地区、ガーデン地区を抜けてオーデュボン公園までの約10キロメートルほどをつないでいます。尚、カナル・ストリートを隔てたフレンチ・クオーター側では、この通りはディケイター・ストリートとして続いています。通りの名前は、18世紀後半に建設された倉庫『Magazin』に由来しています。この倉庫は、ニューオーリンズから輸出される商品の格納庫として機能していました。マガジン・ストリートは、ニューオーリンズ有数の商業地域として有名です。アンティーク店、アート・ギャラリー、レストラン、コーヒー・ショップ、宝石店など、小規模な商店を中心に数多くの店が軒を連ねています。

セントチャールズ・アベニュー

セントチャールズ・アベニューは、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ市内を走る大通りです。通りに沿って走るセントチャールズ路面電車は世界的にもよく知られています。また、木々の生い茂るアップタウン地域の沿道には、数多くの邸宅が立ち並び、その景観もニューオーリンズの見どころに挙げられます。ミシシッピ川に平行した方向に走っている通りの下流側の端は、カナル・ストリートに接しており、その向かい側はフレンチ・クオーターです。フレンチ・クオーター側では、通りはロイヤル・ストリートとなって続いています。カナル・ストリートを出発点として、ニューオーリンズの中心業務地区を抜け、アップタウン地域を曲がりくねったミシシッピ川に沿う形で走っています。キャロルトン地域に入り、キャロルトン・アベニューを1ブロック越えたリーク・ストリート/リバー・ロードまで続いています。終着点はミシシッピ川の堤防接しています。カナル・ストリートからリー・サークルまでの区間は2車線の一方通行で、そのうち1車線は路面電車の優先レーンとなっています。リー・サークルからルイジアナ・アベニューまでの区間は、両方向2車線ずつとなっており、芝生の生えた中央分離帯に路面電車の線路が2つ走っています。ルイジアナ・アベニューからキャロルトン・アベニューまでは両方向1車線ずつで、中央分離帯に路面電車が走ります。路面電車はキャロルトン・アベニューとの交差点で内陸側に右折しますが、通り自体はまっすぐリバー・ロードまで続いています。

クレオール料理とは?

クレオール料理は、ルイジアナ州大ニューオーリンズ地域を中心とする、複数の食文化が混合して形成された独特の料理のスタイルです。フランス、スペイン、フランス領アンティル、西アフリカ、そして南北アメリカの食文化の影響が混合されていて、イタリア料理の特徴も備えています。料理のベースとなる、タマネギ、セロリ、ピーマンを炒めたもの「聖なる三位一体(Holy Trinity)」や使用する食材はケイジャン料理と漠然と似ていて、ガンボやジャンバラヤなどの料理は両者に共通しています。

ケイジャン料理が田舎風フランス料理の元となったアカディア人の料理にルイジアナの土着の食材を適合させたのに対して、ルイジアナのクレオールの料理は地元の食材をベースにさらに古典的なヨーロッパのスタイルへ向かった点です。その主な原因として、大規模追放以前からすでにアカディアとフランスとの繋がりが希薄になっていたのに対し、ニューオーリンズはフランスとの関係をより長く保っていたこと、またイタリア人などのヨーロッパからの新移民は大都市から隔絶したアケイディアナよりも都市部であるニューオーリンズに定住することを好んだこと、基本的にケイジャン料理が田舎の自給自足の環境で発展したのに対し、クレオール料理は富裕階級の庇護のもとに洗練された都市文化の産物であったこと、などが挙げられます。

ケイジャン料理のシェフポール・プルドームのレストランの人気が出た1980年代から、ルイジアナ州のみならず全米の他の地域でもケイジャン料理の影響が強大になりました。一般的なアメリカ人がケイジャン料理に興味を持つようになり、多くの観光客がケイジャン料理目当てにニューオーリンズに行ったのです。このため、クレオール料理店の起業家たちは、この需要に応えるためにケイジャン料理のレストランを開いたり、看板を変えたりしました。1980年代に現代のアメリカ料理が発展を遂げる中、クレオール料理の中でニュー・クレオール料理の系統が現れ始めます。この傾向は、新鮮な食材とより簡素であっさりした調理に重点を移した点、また、ケイジャン、南部料理、南西部料理、それから少々の東南アジア料理といった、他の民族料理の伝統にも触手を伸ばしたという点で特徴付けられます。全国的なケイジャン料理ブームは去りましたが、現代的なクレオール料理は、ニューオーリンズの著名レストランのほとんどでは今でも支配的となっています。
Categories
Bookmarks